デジタルアーカイブス 武蔵野文学

フリーワード
カテゴリー


登録時期
 年   月 から   年   月 の間
登録者情報
学籍番号  氏名 

2022.03.01

文人の武蔵野 第五十五回 坂口安吾 ④ 移民の歴史 ひもとく

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2022年2月19日

「坂口安吾全集18」書影と高麗神社

詳細ページを開く

2022.03.01

文人の武蔵野 第五十四回 坂口安吾③ ここに生活 これが美

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2022年2月18日

「日本文化史観 -坂口安吾エッセイ集」書影と東京拘置所(旧小菅刑務所)

詳細ページを開く

2022.03.01

文人の武蔵野 第五十三回 坂口安吾 ② 生まれ故郷と同等以上

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2022年2月16日

「風と光と二十の私と」書影と代沢小にある安吾の碑

詳細ページを開く

2022.03.01

文人の武蔵野 第五十二回 坂口安吾 ① 文学的出発の地

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2022年2月15日

「木枯の酒倉から・風博士」書影と安吾がフランス語を学んでいた語学学校「アテネ・フランセ」

詳細ページを開く

2021.12.18

文人の武蔵野 第五十一回 黒井千次と忌野清志郎 坂の途中 哀調ロック

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2021年12月16日

「瀕死の双六問屋」書影と忌野清志郎が作詞作曲した楽曲が流れる場面

詳細ページを開く

2021.12.18

文人の武蔵野 第五十回 黒井千次と小谷忠典③ 交錯する世界 焦点の知

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2021年12月15日

「100万回生きたねこ」書影と主人公のひな子にとって特別な場所だった谷保

詳細ページを開く

2021.12.18

文人の武蔵野 第四十九回 黒井千次と小谷忠典② 土地の記録を再構築

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2021年12月14日

「群棲」書影と映画「たまらん坂」にある小説の作者である黒井千次さんと主人公が語り合う不思議な場面

詳細ページを開く

2021.12.18

文人の武蔵野 第四十八回 黒井千次と小谷忠典① 「たまらん坂」世界へ

讀賣新聞武蔵野版・多摩版 2021年12月11日

「たまらん坂 武蔵野短編集」書影と小谷忠典監督の映画「たまらん坂」に登場する黒井千次さんの自筆原稿

詳細ページを開く

2021.10.21

文人の武蔵野 第四十七回 松本清張⑧ 中央と郊外 関係捉える

讀賣新聞武蔵野版 2021年10月14日

「新潟日本文学アルバム 松本清張」書影と杉並区高井戸の自宅で取材に応じる松本清張

詳細ページを開く

2021.10.21

文人の武蔵野 第四十六回 松本清張⑦ 第二の故郷 自作に反映

讀賣新聞武蔵野版 2020年12月12日

「一九〇九年生まれの作家たち」書影と松本清張記念館

詳細ページを開く